埼玉県こども動物自然公園に行ってきました part3(東松山市)

先日、埼玉県こども動物自然公園に遊びにいってきた際の記事です。この記事は写真枚数が多い為、複数ページにわけて投稿しています。
埼玉県こども動物自然公園に行ってきました part1(東松山市)
埼玉県こども動物自然公園に行ってきました part2(東松山市)
埼玉県こども動物自然公園に行ってきました part3(東松山市)
埼玉県こども動物自然公園に行ってきました part4(東松山市)
前回は埼玉県こども動物自然公園の東園カンガルーゾーンまでを記事にしました。
ここまで東園内を時計回りに回ってきています。東園最後の動物は、カピバラになります。。。。。が、こちらは後回しにしました。これには訳があります。埼玉県こども動物自然公園の冬の風物詩として、カピバラの入浴というのがあります。ここにきたからにはこれを絶対みたいと思っていたのですが。。。時間的にもう少し遅い時間にならないとお湯を入れないとのこと。っということで、後でまた見に来ることにしたのです。
っということで、ここで一旦お昼休憩。その後、東園からコバトンロードというものを通って、恐竜コーナーというものを目指すことにしました。この時点で結構時間がかかっているので、全部見るのはきついと判断して、恐竜コーナーからこどもの城を通って、カピバラを再度!っというコースにすることに。さすがに埼玉県こども動物自然公園広いです。北園側はまた今度の方向で。

コバトンロード

コバトンロード


これがコバトンロードです。コバトンロードは、「シカとカモシカの谷」というニホンジカとニホンカモシカが暮らす谷を再現した谷を通ることができる道になります。ここを通ることで、自然にちかい形の姿を見れるようにするというもの。実際歩いてみると、山の中に整備された道があるようなイメージ。ただ高いところを通っているので、上から見下ろす形になりますね。さて、実際「ニホンジカ」と「ニホンカモシカ」は見られるのか!っというと。
ニホンジカ

ニホンジカ


ニホンカモシカ

ニホンカモシカ


はい!しっかり見つけました。
予想通りですが、コバトンロードに近い場所にいることはなく、結構離れたところにいるので、見つけるのは大変です。どちらも木の色ににているので、よく見て探す必要があります。とは言っても、人だかりがあるところで目をこらせば見つかるとは思いますけどね。
ちなみに、「ニホンジカ」と「ニホンカモシカ」はコバトンロードを抜けて谷の上のあたりに飼育小屋がある感じなので、そちら側から探すと割と簡単に見つかるかも。
コバトンロードを抜けて、そのまま恐竜コーナーを目指しました。
ニコニコ橋

ニコニコ橋


途中、ニコニコ橋という谷にかかる橋を渡りました。結構良い景色でしたよー!紅葉の時期に来るとここからの景色は綺麗かもしれないですね。
さてさて、それでは魅惑の恐竜コーナーです。実際本物の恐竜がいるわけはないですが、一体何があるかというと。。。
ブラキオサウルス?

ブラキオサウルス?


こんな感じの巨大な恐竜がいたるところに展示されているのです。ティラノサウルスやステゴサウルス、トリケラトプスなどもいましたねぇ。
トリケラトプス

トリケラトプス


プテラノドン

プテラノドン


あ、ちなみにこちらのものは触れてもOKです。またがってもOKです。やんちゃな子供は自力で恐竜の上にまたがって喜んでいたり、大人は子供を恐竜の上に乗せて写真をとって喜んでいたり。なかなか良いスポットだなぁっと思いました。私が訪れたときは、やはり一番人気はティラノサウルスでしたね。上記で写真を載せていないのは、人気すぎて撮影できなかったからです(汗)
その後、じゃぶじゃぶ池にいったん戻り、休憩タイムをとりました。そして、いざ「こどもの城へ」
次回はこどもの城の記事になります。
次の記事はこちら。
埼玉県こども動物自然公園に行ってきました part4(東松山市)

タイトルとURLをコピーしました