サクラソウのマンホール

サクラソウのマンホール

   2015/03/14


武蔵浦和周辺では、少し変わった柄のマンホールがあちこちにあったりします。
その中の一つです。

サクラソウのマンホールです。サクラソウは埼玉県の花に指定されています。武蔵浦和駅から少し離れた荒川河川敷の田島ヶ原では、春になるとサクラソウが一面に咲き誇ります。恐らくこのマンホールは田島ヶ原のサクラソウをモチーフにしたのかなと思います。

サクラソウ(桜草、学名:Primula sieboldii)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草。日本のサクラソウ類の代表で、日本では北海道南部、本州、九州の高原や原野に分布し、朝鮮半島から中国東北部へかけても分布するが、野生の群落をみることはまれになっている。また埼玉県と大阪府の県(府)花に指定されている。江戸時代に育種が進み、数百に及ぶ品種が作られた古典園芸植物でもある[要出典]。2005(平成17)年時点では297品種を後述の「さくらそう会」が認定している[1]が、この中には明治以降の作出品種も含まれる。ニホンサクラソウ(日本桜草)ともいう。

(引用:wikipedia

この写真の投稿者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの武蔵浦和周辺の写真もいかがですか?