洋食Chisou(ヨウショクチソウ)

洋食Chisou(ヨウショクチソウ)は武蔵浦和駅東口の別所の静かな住宅街にある洋食屋さんです。武蔵浦和駅東口の田島通りから中山道にでます。中山道を大宮方面に少し進むと、さいたま市立浦和別所小学校が見えてくるのですが、その手前の角を左に入るとすぐ左手にあります(逆さイチョウのある真福寺の手前です)。洋食Chisou(ヨウショクチソウ)には、お店入口の横のところに2台分の駐車スペースがありました。Chisou(ヨウショクチソウ)は、埼玉県生まれでイタリア料理一筋30年というキャリアを持つ料理長が腕を振るっているようです。「洋食Chisou」というお店の名前ですが、おそらく「ごちそう」のChisouかなと思います。後ほど、ランチメニューの紹介で理由がわかると思います。

洋食Chisou(ヨウショクチソウ)の店内の様子

洋食Chisou(ヨウショクチソウ)の店内は、白を基調とした空間でとても落ち着いた雰囲気です。場所的にもとても静かな空間です。壁には複数のアート作品がかけられていました。作風の感じから同じ方が描いたのですかね?店内はテーブル席が5席程度ありました。店員の女性の方がテキパキと動いているのがとても印象的でした。

洋食Chisou(ヨウショクチソウ)のランチ


洋食Chisou(ヨウショクチソウ)のランチメニューになります。3種類のメインランチにピッツァ、パスタランチがあります。全てのランチに有機野菜入りサラダ、日替わりスープ、自家製パンまたはランチ、ソフトドオリンクがついてきます。フルセットでついてくるなんてとても豪華です。ランチセットはさらに豪華にできるようで、サラダを前菜盛り合わせに変更、自家製デザートをつけたりもできるようです。ランチセットの時点で結構豪華に思うのですが、さらに豪華にできるとはすごいですね。お子様には「ごchisouプレート」があります。子供連れには嬉しいですね。他に「ごchisouランチコース」というものもあるようです。「chisou」は「ごchisou」だったのですね。


有機野菜入りサラダをバージョンアップした前菜盛り合わせです。これは、、、豪華です。サラダに牛もも肉の岩塩焼き、キッシュなどなど。武蔵浦和駅周辺はサラダがとにかく美味しい店が揃っているなら、少し見劣りはしますが、こちらもシャキシャキでなかなか美味しかったです。色々な味を楽しめるのはとても良いですよね。バゲットにかかっている、おそらく黒オリーブを刻んだもの?が個人的にはとても好きでした。牛もも肉の岩塩焼きは若干硬かったかも?


日替わりスープの緑野菜のスープです。ランチにスープがついてくるだけでランクがあがりますね。若干緑野菜の筋が気にはなりましたが美味しくいただきました。


自家製パンです。バゲット系のパンと胡麻のパンの2種類です。どちらも自家製ということでホカホカです。中はどちらかというともっちりしていた感じで少しパンの甘みを感じました。どちらもなかなかの味です。


パスタランチのイカ・アサリ・ムール貝・フレッシュトマトのスパゲッティです。魚介類がふんだんに使われている一品です。若干ベースの味が強かったように思いましたが、イカは柔らかくトマトとの相性も抜群のパスタでした。

タイトルとURLをコピーしました