関元屋のお助け井戸の詳細ページです。武蔵浦和なびは、武蔵浦和駅周辺をメインとしたさいたま市・戸田市のスポット情報、イベント情報を管理人視点で紹介・配信していきます。

関元屋のお助け井戸
セキモトヤノオタスケイド
関元屋のお助け井戸

関元屋のお助け井戸の紹介


関元屋のお助け井戸は、武蔵浦和駅東口にある白幡沼の北側の道を東の方向に進むと見えてきます。
浦和区文化の小怪として紹介されていました。
関元屋は、もともと材木商・よろず商として中山道とともに時代を重ねてきたようで、現在の建物は大正5年ごろの建築とのこと。つまりは、昔の中山道の残照ということですね。この店先にある井戸は関東大震災や東京大空襲で逃げ延びた人々の喉を潤したことから、お助け井戸と呼ばれているようですね。

このスポットの投稿者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

関元屋のお助け井戸は、1人が「気になる!」と言っており、0人が「良いスポット!」と言っています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

関元屋のお助け井戸に関する情報

※管理人の独自調査によるものですので、参考程度に留めてください。

住所
埼玉県さいたま市南区白幡2丁目10

こちらの武蔵浦和周辺スポットもいかがですか?