single

ペットボトルの巨大アート(桜環境センター)


2016年9月24日(土)から始まったさいたまトリエンナーレ2016。

武蔵浦和駅から少し離れたところにあるさいたま市桜環境センターにもアートがあるということで見てきました。さいたま市桜環境センターは、荒川の河川敷にあるゴミ処理やリサイクルを行う環境センター。武蔵浦和から徒歩で行けるようなところではないので、車でゴー!!

着いたは良いのですが、アートはどこ???
とりあえず、施設の中へ。

天地創造

天地創造


施設の入口に、多くなアートが!! これはゴミ焼却の際にでるスラグでつくられたアートなんですって!!これかぁ〜って思ってしまっていたのですが、どうやらこれではないらしい(汗)アートは、施設内ではなく、施設から駐車場を挟んで逆側の広場にあるとのこと。早速向かいました。

サイタマンダラ

サイタマンダラ


広場に着くと、明らかに多くなものが。
これは韓国のチェ・ジョンファの作品で、「サイタマンダラ」というもの。消費社会の象徴であるペットボトルに着目し、市民が不要物として廃棄したペットボトルが利用されているということで、市民が自動的に作品に参加しているというものらしい。
う。。。う〜〜ん。。。

すいません、私にはリサイクル待ちのゴミの塊にしか見えなかった。これもアートなのかぁ。見る人が見ると「おぉっ」てなるのだろうけど。。。。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)