とらふぐやの詳細ページです。武蔵浦和なびは、武蔵浦和駅周辺をメインとしたさいたま市・戸田市のスポット情報、イベント情報を管理人視点で紹介・配信していきます。

とらふぐや
トラフグヤ
とらふぐや

とらふぐやの紹介


「とらふぐや」は、武蔵浦和東口から徒歩1分のところに、2016年11月にオープンした「とらふぐ専門店」です。
武蔵浦和駅東口のロータリーの一本北側の道路沿いになります(Olympic・ハイパーマーケット武蔵浦和店の南側の道沿いです)。

以前、旬菜炙り彩炎として営業していたお店が、「とらふぐや」としてオープンしたようです。
私もなんどもここの前を通りかかっていながら全然お店が変わったことに気づいていませんでした^^;;
先日、昼ごはんを食べようと、この辺を歩いていたところようやく変わっていることに気づいたという。。。

「とらふぐや」は、夜がメインとは思いますが、ランチをやっていました。ランチタイムから結構お手頃なお値段でフグが食べられるという。
この日にランチを食べてきたので、ご紹介します。

店内は彩炎のときとあまり変わっていない感じでしたね。「とらふぐ専門店」っということで、しっかりとらふぐが水槽で泳いでいましたね。ここはテーブル席のほか座席もあるのがちょっと嬉しいのですよね。

さて、それではランチのご紹介です。
ランチメニューには定食系メニューのほか、フグのてんぷらが入っている天丼と天ざるがありました。「とらふぐ専門店」なのですから、もちろん「フグ」のランチを注文しました。

前菜

前菜


前菜

前菜


まずは、前菜。彩炎の時もこういう感じの前菜がありましたね。
切り干し大根、いくら、たまごやき、つけもの、そして、ポテトサラダ。どれもクオリティが高くてとっても美味しい。ただメイン料理がドーーーンっとくるランチだと、ちょっと栄養がきになるのですが。。。こういう小鉢がたくさんついていると、気持ち的にいろいろなものを食べている気分になるのでとても良いですよね。
子供に分ける時も小鉢ものでいろいろなものを食べさせられるのでとても良いです。

天丼

天丼


はい!今回注文した天丼です。天丼の中にフグのてんぷらが入っているのですよ〜。ふぐのてんぷらのほかにも、エビ、ピーマン、かぼちゃなど、結構いろいろ入っていました。食べてみると衣がかなりサクサク!!ここの天丼はてんぷらのタレを上からかけているタイプなので、とてもサクサクしていましたね。てんぷらをタレにつけるタイプの天丼も好きですが、こういうのもなかなか。ちなみにタレは結構甘めですね。穴子とかのタレをイメージするとわかりやすいかもしれないです。

そして、付け合せの汁物。ぶりのお味噌汁でした。あら汁な気もするのですが、あらではなくちゃんとした身がはいっていたので。でも魚介のとてもよい出汁が出ていたように思いました。

武蔵浦和周辺でまさかフグが食べられるお店ができるとは。。。。ちょっと以外でした。
フグといえば、ふぐ刺しとかフグ鍋とか夜のメニューが気になるところ。機会があれば夜に来てみたいんですけどねぇ。

このスポットの投稿者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

とらふぐやは、2人が「気になる!」と言っており、0人が「良いスポット!」と言っています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

とらふぐやに関する情報

※管理人の独自調査によるものですので、参考程度に留めてください。

住所
埼玉県さいたま市南区別所7-7-3-1F

こちらの武蔵浦和周辺スポットもいかがですか?