single

親不知、こんなに簡単に抜けるだなんて。。。(武蔵浦和歯科医院)

 


最近、歯の治療を行っているのですが。。。。
先日、ついに親不知を抜く事になりました!!

私、歯に関してはそこまでひどくなった経験がなく、実のところ歯の麻酔も最近初めてやったくらい。前々から親不知は気になっていたのですが、今まで色々な歯医者に行くものの親不知について特に言われた事がなかったのでそのままにしていました。

今回、武蔵浦和歯科医院で治療をしているのですが、今までと違ってなかなか良い感じの歯医者。非常に清潔感があるし、色々な機器が揃えられていて、今まで行っていたローテクな歯科医院とは一味違う感じ。
個人的に特に良いなと思うのは、歯の中の写真を治療ごとにとってくれて、今どのようになっていて、治療後どのようになったかを自ら確認できるところ。今までこういう歯科医院にかかったことがなかったので、私個人の信頼度は高めです。

さて、そんな中「親不知抜くよー!」ってことになりました。もともと私は上の親不知しか出ていないので噛み合わせは関係ないし、また親不知が虫歯になっているっぽいので、治療するより、抜いた方が良さそうっていう結論です。
実際、「親不知を抜く」って聞いた時には、とても大変そうなイメージだけがありました。「すっごく痛い」だとか「すっごく腫れる」だとか「1日血が止まらない」だとか、あまり良いイメージを聞いた事がなかったので、ちょっと不安でした。

さて当日、CTと麻酔をして抜くのを待機。麻酔はいつもより念入りだったので、「あ〜やっぱり大事なんだなぁ」っと思いました。
そしてついにその時が。
「はい、今から抜くから口開けてねぇ〜。場合によって1回で抜けないかもしれないからね」

(う。。。2回があるのか。。。)

口を開けてから、親不知のところに風を当てたり、削る音が聞こえたり。
その後、ちょっと大きめの器具が口の中へ。

「あ〜これで抜くのかなぁ〜?」

歯を締め付けられるような感覚があり、「あ〜、そろそろかなぁ〜、そろそろかぁ〜」っと待っていました。

「はい、起こしますよ〜」

( ? ? ? )

「やっぱり、虫歯でしたねぇ〜」

( え? )

完全にポカーンでした。思わず先生に「え?もう抜けたのですか?」っと聞いてしまったほど。
舌で親不知のあたりを探ってみると。。。「あ。。。ない」

多分、口を開けてから1分くらいでしたかね。いつ抜かれたのかがまったくわからないまま、親不知が抜かれていました。
事前に色々苦労話を聞いていただけに拍子抜けでした。

親不知

親不知


ちなみに、抜いた歯は記念?にもらいました。こんな歯のケースにいれてくれました。実際抜かれた歯を見たのですが、見事に虫歯になっていましたねぇ。さすがに見苦しいのでお見せできませんね。
まぁ〜、子供が大きくなって歯磨きを嫌がった時にでも見せて脅してやろうかねぇ〜っと企んでみたり。

色々な話を聞く限りでは、私の場合、そもそも抜くのが比較的楽なケースだったみたいですね。曲がっていたわけでもなく、虫歯になっていたとはいえ、悪化していたわけでもなく、歯自体も比較的丈夫でしたから割れたりもしなかったですし。人によってそのあたりは異なるとは思いますが、一つのケースとして参考になればなと思います。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)