内木酒造の詳細ページです。。武蔵浦和なびは、武蔵浦和駅周辺をメインとしたさいたま市・戸田市のスポット情報、イベント情報を管理人視点で紹介・配信していきます。

内木酒造
ウチキシュゾウ
浦和の酒蔵
内木酒造

内木酒造の紹介


内木酒造は、中浦和駅の西側のさいたま市桜区西堀に位置する酒造になります。
場所の説明が少し難しいですが。。。国道17号線の県庁前交差点を西に進みます。別所沼公園や中浦和駅を超えて、田島火の見下の交差点を北に進みます。しばらく進むと右手に郵便局がある交差点が見えてくるので、そこを右です。しばらく進むと左手に見えてきます(ジェイソンというディスカウントストア?のすぐ先です)。

看板

看板


内木酒造の道路を挟んだ反対側に、このような看板があるのでこれを目印にすると良いと思います。ちなみに駐車場はなさそうな感じでした。一応、上記で説明した郵便局をもう少し北に進むと右手にコインパーキングがあったので、私はそこを利用しました。

内木酒造の創業は安永4年(1776年)とかなり歴史がある酒造みたいですね。実は私は浦和に酒造があるとはまったく知りませんでした。
以下、内木酒造のサイトからの抜粋です。

もともと農村地帯であったため、米もたくさん獲れ、農業をしながら酒造りもおこなっておりました。
戦後は酒造業にしぼり、以来浦和唯一の酒蔵として、200年以上の歴史を歩んでまいりました。

製造に関しては、埼玉県産の酒米(さけ武蔵)や一般米の(彩の輝き)などを主に使用しています。吟醸酒については、兵庫県産(山田錦)や新潟県産(五百万石)なども使用しています。また、酒造りに水はもっとも大事なものです。仕込み水には荒川水脈の自社内の地下水を使用しています。(もともと武蔵野台地の一端である浦和は、水が良いとされています。)

なるほど。確かにこの辺りの地域は農村地帯と言われていましたね。そういえば、浦和周辺は荒川水脈の恵みを受けた地域とよく聞いています。そのため、浦和地域では古くから人が住み始めており、その証拠として数多くの遺跡が見つかっているのですよね。

おしながき?

おしながき?


さてさて、それでは引き続き内木酒造の様子をご紹介です。内木酒造はかなり立派なお屋敷兼酒造って感じですね。若干、ここから入っていいのか不安になりましたが、入口の横のところにお酒のおしながき?があったので、入ってみました!
(もう少し案内があると、入りやすいのですが^^;)

酒造

酒造


ここがお店?の入口。完全に民家の入口ですね。一応、営業中と書いてあります。ちなみにお庭には大きなわんちゃんがいました。秋田犬で「はな」っていう名前みたいです。中に入ると、酒屋っていう感じではなく、酒造の玄関でお酒を売っているというイメージのところでした。お酒数種類と酒粕が売られていました。

外のおしながき?に、初しぼり原酒があると書いてあったので、それを含めてお酒を購入!

旭正宗とうらら

旭正宗とうらら


今回購入してきたのはこの日本です。旭正宗(原酒)とうららの2本です。あんまりたくさん購入しても飲みきれないですからね。ほどほどの量にしました。旭正宗は創業から作られているようですね。「朝日のような爽やかなお酒」「商売繁栄』を願って命名されたとのことです。うららの方は、「麗らかなお酒」「浦和のお酒」という意味を込めて「うらら」と命名したようです。

早速家に帰り、旭正宗(原酒)の方を飲んでみました。しぼりたて純米新酒ということでワクワクドキドキでした。
飲んでみた感じは、「すっごく丸くてであまい」という印象が第一でした。口当たりが澄んださらっとした感じではなく、ま〜るくとてもまろやかな感じがしました。優しい口当たりです。そして、あまい。別に砂糖のようにあまいということではなくて、どことなく甘みがあるのです。多分、米麹によるあまさなのかな。すごく美味しい。

ちなみに、このお酒を3日連続で飲んだのですが、味がどんどん変わるのですよ。「丸くてあまい」だったのが徐々に「澄んでいく感じ」に。しぼりたても美味しかったけど、この澄んだ感じも良かったなぁ〜。

もう1本のうららはまだ飲んでいないので、飲んだらレビューを書いてみたいと思います。
どうも冷酒が良いらしい。

このスポットの投稿者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

内木酒造は、1人が「気になる!」と言っており、0人が「良いスポット!」と言っています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

内木酒造に関する情報

※管理人の独自調査によるものですので、参考程度に留めてください。

サイトURL
http://home.att.ne.jp/omega/uchiki/top.htm
住所
埼玉県さいたま市桜区西堀6-13-15
定休日
日曜・月曜・祝日がお休みのようです。

こちらの武蔵浦和周辺スポットもいかがですか?