single

浦和の調ちゃん第一話「今日もいい日でありますように」

   2015/06/22


浦和を題材としたアニメ「浦和の調ちゃん」がついに放送開始となりました!
もちろん、「浦和」ということなのでこれから一話ずつレビューを書いていきたいと思います。ちなみに、ネタバレの可能性大なので、読みたくない人は閉じてくださいね。ちなみに、こちらの「浦和の調ちゃん」の記事でキャラクターの由来の解説をしてみたので読んでみてくださいね。

てやっと!はい、それでは第一話のレビューをいきたいと思います。

今日もいい日でありますように

今日もいい日でありますように


第一話は「今日もいい日でありますように」
5分アニメですがしょっぱなはどんな展開なのでしょうね。ちなみにこのアニメは実際の浦和の風景をもとにしているようなので、実際の場所をしるしながらレビューしてみようと思います。

まず最初は、これは調神社近くの中山道ですね。浦和周辺の高いビルは限られていますし、わかりやすい。

早速、主人公の「高砂調」ちゃん登場です!朝の風景ですかね。
次のシーンでは、朝の調神社(ツキジンジャ)お参りのシーン。解説の通り、調神社はウサギを神の使いとしている珍しい神社なのですよね。

そのあとは商店街を通っての通学シーン。これは「力」のところですね。

そしてここで突然の瞬間移動!おばちゃんと話して、そのあと慌てて学校に向かいますが。。。そこの背景には笛を吹く少女の像が。

笛を吹く少女

笛を吹く少女


っということで、これコルソの裏の自転車が通れないところですよね。。。いつのまに移動したのだ。
笛を吹く少女像

笛を吹く少女像

その後は、学校に登校。途中で「上木崎 常盤」と「大谷場 南」と遭遇して一緒に登校。

う〜ん、第一話が登校だけで終わってしまった^^;;
ちなみに登校シーンに出てきた校門は浦和南高校の校門ですね。

全体として背景は写真をアニメっぽくしている感じなのですかね?
とりあえず、浦和に住む人には「あ、ここだ!」って分かる感じでなんか楽しいです。っというか、調ちゃん、朝からすごい経路で通学しますね^^;この感じだと、浦和駅から電車に乗って、浦和駅→南浦和駅→武蔵浦和駅→北戸田駅まで行って歩いた感じのかな?すっごくアクティブな子!

最後に、エンディングの「浦和の〜まちには〜新幹線だ〜とまらな〜〜〜い♪」
ちょっと面白かった。確かに止まらない。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)