single

子供と沼影の沼影市民プールへ!!

   2017/09/18


うちの子も大きくなってきて、日中はオムツではなくパンツでもいられるようになってきました。
っということで、ついに市民プールへデビューさえることにしました!!

場所は武蔵浦和駅西口にある沼影市民プールです。武蔵浦和駅西口の住宅街にどどーんっとあるプールです。さりげなくかなり歴史のあるプールで1971年に「海のない市にプールを!」っということで作られたもの。
夏季期間はプール、冬季期間はアイススケートをすることができます。

沼影市民プールでの小さい子供のルールとして、オムツ着用がNGとなります。これは最近よくみる水着オムツもダメです。外のちょっとした遊び場にも同じルールが適用されている所が多いので、子供に水遊びをさせる場合は、そのあたりはよく見ておいたほうがトラブルが回避できますね。ちなみにですが、オムツがOKの市民プールもあります。例えば、上尾市にあるさいたま水上公園は許可されていますね(2017年時点)。

さて、それでは早速沼影市民プールに「ゴー!!」です。
8月でプールで水に浸かるといっても、あまり炎天下はよろしくないので、午前中にパパッといって、お昼前にささっと退散する計画です!!
まずは開園時間にあわせて沼影市民プールへ!!

開場待機列

開場待機列


夏休み真っ只中の8月中旬です。やや曇りの日でしたが、この並びよう。結構人がいましたけど、列の進みがかなり早かったので、5分くらいでチケット購入を済ませて建物の中へ!!建物は二階部分が更衣室になっています。更衣室の入り口のところでロッカーコイン(50円)を購入する形になります。そういえば、昔のプールとかのロッカーってこういうロッカーコイン方式だったなぁ〜。ちなみに、コインは返却されないタイプなので締めるときはよく荷物を確認したほうが良いですよ!!

さて、それでは早速プールへ!!

入場してすぐのプールの様子

入場してすぐのプールの様子


ちなみに入場した直後くらいのメインプール側の様子です。この日が曇りということもあるかもですが、まだそこまで満杯になっている感じではないですね。こちら側には流れるプールやスライダー、売店などがあります。今回はお昼前に退散する計画だったので利用していないですが、売店はそこそこ充実しているみたいですね。

さて、私たちは子供を遊ばせるのが目的なので、子供プールへごー!!
子供プールはメインプールの隣にある室内プールのさらに隣にあります。

子供プール

子供プール


こちらが子供プールです。プールに誰もいないように見えますが、これは休憩時間中にとったからです。
さっきの写真でもそうですが、沼影市民プールでは簡易テント(ぱっとひらけるやつ)は利用可能です。子供プールでは、写真とは反対側の室内プール側にテントを設置できるので、ほとんどの人は反対側にいる感じです。

子供プールでは写真の右側が水深が浅く、左側がやや深くなっています。
うちの子の場合、右側のプールではワニさん泳ぎをすると顔がでる感じなので、一人で遊ばせるには右側のプールですね。反対に親と一緒に手を引いてあげたり、浮き輪でぷかぷか浮くのであれば、左側のプールですね。こちらは足がつきますが、右側よるは深めなので浮き輪とかを利用するにはちょうど良いです。

写真に写っていませんがプールの両サイドに滑り台があります。右側のプールの滑り台は石っぽい素材のもの。左側はステンレスっぽい素材のものが2つ。どちらも高さはあまりないので、小さいお子さんでも安心して利用でいると思います。

一応ですが、プールの端っこにトイレがあります。
子供を連れて行きましたが、和式でした。ちょっと苦戦^^;;

1~2時間楽しんだあたりで、子供も疲れてきたようなので、当初の計画通りそうそうに退散です。
うちと同じようにお昼前に退散する家族は結構多かったように見えました。小さい子供の体力だとこれくらいですよね。

お昼前のプールの様子

お昼前のプールの様子


退散する時のプールの様子です。結構、人が増えていました。市民プールは気軽に行けますから人気なのでしょうね。

うちの子は初めてここまで大きなプールに行ったので大はしゃぎでした!!
実のところ、「プールに行きたい!!」っということで、本人もオムツ卒業を頑張っていたので、行けてとてもよかったです。
いやぁ〜、近所にプールがあるって良いですね!!

P.S.
沼影市民プールの前にはいせきというクリーニング屋さんがあるのですが、ここは駄菓子なども売っていて。。。帰りにばっちりアイスを買って食べましたとさ。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)