焼米坂の詳細ページです。武蔵浦和なびは、武蔵浦和駅周辺をメインとしたさいたま市・戸田市のスポット情報、イベント情報を管理人視点で紹介・配信していきます。

焼米坂
焼米坂

焼米坂の紹介


武蔵野線沿いの武蔵浦和駅と南浦和駅との中間地点あたり南浦和小学校の東側にある旧中仙道の坂です。

焼米坂というのは中山道を通る旅人に焼米を売っていた茶屋があり、そこから名付けられたようです。江戸時代に書かれた「新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)」の根岸村のページに「焼米坂 村の北の街道の内にあり、上り一町半許の坂なり、此所にて古来より焼米をひさぐ故に名づけリ」という記述があります。ちなみに焼米とは、籾(もみ)のまま米を炒り、それをついてからを除いたものです。当時の携帯食だったようです。

IMG_0227
現在では横に記念碑が建てられていました。

忠魂碑

忠魂碑


なお、その隣には忠魂碑が建てられていました。これは戦死者の供養のものかと思うので、焼米坂とは別のものなのかな?

このスポットの投稿者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

焼米坂は、1人が「気になる!」と言っており、1人が「良いスポット!」と言っています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

焼米坂に関する情報

※管理人の独自調査によるものですので、参考程度に留めてください。

住所
埼玉県さいたま市南区根岸5丁目−1

こちらの武蔵浦和周辺スポットもいかがですか?