single

浦和の調ちゃん第十話「ロッカーは大事に使いましょう」

 


第十話「ロッカーは大事に使いましょう」

第十話「ロッカーは大事に使いましょう」


今回も部室から。(外に出る話はないのかな。。。)

勉強中の調ちゃん、持つペンがぷるぷる。
脇にある十万石饅頭の消しゴムいいなぁ〜、これちょっとほしい。

常盤に勉強を教えてもらっている。
どうも調ちゃんは勉強が苦手らしい。

調ちゃん「もう。。。終わりだ。サインコサインタンジェントーーーーー!!!」
爆発する調ちゃん。

どうもテストが近いらしい。

南はテストが近いらしいけど、余裕。どうも南は優秀らしく、一夜漬けで行けちゃうらしい。なんと!
調ちゃん→南「滅びよ!!」
怖ぇええええええ。調ちゃんは、勉強だめなキャラなので。
一方、校庭では「微分、積分、いい気分」という謎の掛け声で走る運動部。

さてさて、勉強を再開する調ちゃん。だけど、南が必要に邪魔をしようとする。これは例のゲームですね。っていうか、ゲームを学校に持ち込んで良いのかという疑問が。
徐々に南の邪魔が過熱し。。。ついに、常盤が起こる。ロッカーにどーーーーん!!
(あ、タイトルそういうこと。。)

ちょっと勉強は休憩。
ここでおやつ登場。これは彩果の宝石ですね。彩果の宝石はさいたま発祥のフルーツゼリーのお菓子で、よくお土産に用いられるものです。だけど、これをおやつには食べないよなぁ〜。贈り物にはするけど、自らかっておやつとして食べることはあんまりないよなぁ。

調ちゃん、日本史以外全部苦手なのか。
調ちゃん、赤点→補習の恐れ。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)