single

Home(K邸)


2016年9月24日(土)から始まったさいたまトリエンナーレ2016。

今回は、武蔵浦和駅周辺から飛び出し、岩槻駅周辺のアートをご紹介です。
岩槻駅周辺は、旧民俗文化センターが結構大きめのアート会場になっています。以前、そこには行ったのですが、岩槻駅周辺の他のアートはちょっと見れなかったので、今回再度岩槻に来ました。

ですが。。。。2箇所あると思っていたのですが、東玉社員寮はまだ開催期間じゃないらしい・・・11月からだそうです。
もう1箇所であったK邸は15:00からだとか。。。まじですかぁ〜。。。こういう制限があるとは思っていなかったので、着いて早々、どうしよう^^;;

っということで、ちょこっと岩槻駅周辺を散策。するとK邸の先に面白そうなものを発見!!

太田道灌公の像

太田道灌公の像


太田道灌公の像です。ここは芳林寺というお寺なのですが、ここには室町時代に岩槻城があったみたいです。

岩槻城の地図

岩槻城の地図


しっかり、岩槻城の地図らしきものもありました。

芳林寺自体は結構立派なお寺ですね。ちょうど本殿の修復?工事をやっているみたいで、本殿を見ることはできませんでしたが、結構色々な像があったりして楽しかった。ちなみに。。。こんな石碑を。

埼玉県庁が最初に設置された芳林寺

埼玉県庁が最初に設置された芳林寺


埼玉県庁が最初に設置された芳林寺ですって。これは初めて見ましたね。最初の県庁の位置は岩槻だったのですね。にしても、内容がちょっと面白い。

さて、そうこうしているうちに15:00になったのでK邸へ!!

K邸

K邸


K邸は、ごく一般的な民家です。この民家を舞台にアートが展開されるらしいです。
HOMEという向井山明子の作品です。

HOME

HOME


中に入ると、畳の部屋に通されました。
入ると。。。障子が金色になっていたり、天井の額縁にところどころ女性の写真があったり、そして。。。。隣の畳のエリアで誰か寝てる。。。しかも少しずつ動いてる。これは何か始まるのか??
しばらく部屋にとどまったのですが、特に何も始まる様子がない。でも、誰かが少しずつ動いている。

う〜ん。。。もう少しいたかったのですが子供がぐずり始めたので離脱。

帰り際に係りの人に聞いてみたところ、これがアートだとか。あの少しずつ動いているあれも含めてアートなのだとか。。。
やばい、全然わからない。。。
こちらではもう一つアートがあり、事前予約制でパフォーマンスがあるみたいです。

これで岩槻駅周辺はおしまいです。
時期をみてもう一箇所のところも行ってみようかなぁ〜。

そして、今回の岩槻でついに

コンプリート

コンプリート


スタンプラリーコンプリートです!!!
いやあ〜、とても色々なアートが見れて楽しみながらできたからあっという間だったかな〜。こういう機会がないと訪れない場所もありましたしね。

さいたマムアンのシール

さいたマムアンオリジナルステッカー


ちなみに、コンプリートの景品?として、さいたマムアンオリジナルステッカーを頂きました!!
もう一つ、抽選での商品応募ができるみたいですね。何が当たるんだろう〜。とっても楽しみ。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)