single

災害時の応急給水場所を確認しておこう!

 


市報さいたまの中に、災害時の応急給水場所に関するものが挟まっていました。応急給水とは大地震等の災害により断水になった時に、浄水場・給水所・応急給水槽などの給水拠点で、水の供給をうけることを言います。いざという時に、自宅から近い給水拠点を確認しておくと良いでしょう。ちなみに、応急給水の際には水を入れる容器が必要です。普段からポリタンク・ペットボトル等を準備しておくと良いです。

さいたま市には、さいたま市水道局と埼玉県企業局とあわせて、112箇所も応急給水場所があるみたいですね!

南区の応急給水場

南区の応急給水場

南区の応急給水場


武蔵浦和駅周辺の応急給水場は上記の通りです。沼影市民プール・白旗配水場あたりが大きそうな感じがしますね。

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)