single

お米を精米しよう!

 


「あ、米びつに米がない。。。」

ある日の風景。夕飯にご飯を炊こうとしたのですが、米びつに米がもう入っていなかったのです。
とはいえ、我が家には、タンスにお米の貯蔵が。親戚の方にいただいたお米があるのです。さて、その米を米びつに
移そうとしたのですが。。。

玄米じゃん!

いつもは精米しているものをいただいているのですが、なぜか今回は玄米^^;
さて、どうしたものか。まぁ〜玄米でも食べられますけど、やっぱり白米が食べたいですよね。っということで、精米機で精米することにしました!
「武蔵浦和なび」というサイトをやっていますから、もちろん精米機にも心当たりが。
武蔵浦和駅東口の国道17号沿いに「こめ太郎」という精米機があるのですよね。

実のところ、精米をしたことがないのでちょっとドキドキワクワクです!

こめ太郎

こめ太郎


こちらがこめ太郎です。無人精米機になります。精米機の前の所が砂利になっているので、ここに車が停められます。スペース的には2台が限界かな?

さてさて、早速中に。中は狭いですね。大人2人が入れるくらいかな?

注意書き

注意書き


ドアを開けて正面に精米機があり、そこに注意書きがいっぱい書いてありました!一通り読んで、うちのお米は大丈夫そうなので、早速精米開始!

お米の投入口

お米の投入口


左側にあるお米の投入口に玄米を「ざばぁー!」します。さぁ〜これで準備は完了!ちなみに、精米された白米は右側の方に貯まるようになっていて、ペダルを踏むと袋にいれられるという仕組みです。

精米機

精米機


さてさて、中央の機械にお金を投入します。今回は10kgなので200円でした。精米の種類が色々選べるみたいですが、今回は標準を選択!ボタンを押すとすぐに、精米がスタートします!

お米投入口

お米投入口


お米の投入口を見ると、少しずつお米が精米機に飲み込まれて行っています。

精米窓

精米窓


精米機の右の上の方に、小さな窓があり精米待機中の玄米がみられます。少しずつ溜まってきていました。そして、しばらくすると。。。

精米後

精米後


「ざぁー!」っていう音とともに精米されたお米が出てきました。ちょっと上手く撮影できなかったのですが、結構な勢いで出てきました。だいたい10kgの精米で5分くらいでした。意外と簡単にできちゃうものなのですね。

精米後のお米

精米後のお米


精米後のお米はこんな感じ。綺麗な白米です。そして、精米したてということもあり、とっても良い香り。
さぁ〜、今日はこのお米で美味しいご飯を食べるぞー!

この記事の執筆者

武蔵浦和なび

武蔵浦和なび

武蔵浦和なびの管理人です。武蔵浦和駅周辺のさいたま市エリアの情報をたくさん発信していこうと思います。猫とウィスキーが大好きで、今はWEBエンジニアをしています。

コメント・口コミをぜひお願いします!

こちらの記事もいかがですか?(武蔵浦和なびの人気記事)